入居者募集

集客効果を上げるのぼり旗の使い方

アパートやマンションなどの賃貸物件は、空室が出ると
インターネットや不動産情報誌などに掲載して
新たな入居者を募集することになります。

テナント用のぼり
ただ賃貸物件を探している人すべてがインターネットを
利用しているとは限りませんし、空室のある物件を掲載した
不動産情報誌を手に取る確率というのもそう高くはないでしょう。


賃貸物件を経営しているオーナーさんや、管理を任されている
不動産業者としては、空室が出たら一日でも早く
新たな入居者を見つけなければなりません。


より多くの人に空室があることをアピールするためにも、
入居者募集ののぼり旗を活用することをおすすめします。

入居者募集中
のぼり旗と言えばスーパーやショップなどさまざまな
店舗の外で見かける旗のことですが、どの旗も派手なデザインや
色づかいで人目を引きやすくなっています。


のぼり旗を見る人に対して瞬時に情報を伝える必要があるため、
インパクトを重視して作られているものが多いでしょう。


実際に空室がある賃貸物件に入居者募集ののぼり旗を
立てておくだけで、車や徒歩で通る多くの人に宣伝する効果があるのです。


その地域で賃貸物件を探している人がいれば入居者募集の
のぼり旗を見て問い合わせてきますし、今すぐ引越しする
予定がなかった人でも、前々から気になっていた物件なら
入居者募集のタイミングで引越しすることを考える可能性もでてきます。


大型の看板を設置するとなればかなりの費用がかかりますし、
簡単に取り外しができないというデメリットもあるでしょう。


その点のぼり旗なら取り扱いが簡単です。


ただ通りかかる人にも、一目で「何かやっている」というのを
伝えることができ、シンプルなデザインで伝えたいことを表現できていれば
一瞬で覚えてもらうことができるため、のぼりは大変便利なのです。

長屋から近代的アパート「同潤会アパート」へ

現代のアパートの原点ともなった「同潤会アパート」は、1924年に関東大震災の復興住宅として建設されました。

その後の9年間で、東京や横浜で同様の16のアパートが建設され、近代的な設備を備えた新しいタイプの集合住宅として都市での暮らしを代表するアパートになりました。

 

この同潤会アパートは、日本にある昔からの伝統と西洋の新しい文化とが融合した住宅です。現代の住まいにもヒントを与えてくれる部分が大きく、和洋折衷の在り方や

設計者の思いが伝わってくる建物として今でも多くの人を魅了しているのです。

 

長屋的なコミュニティを大事にしながら全体が調和するような設計になっていることが多く、人が集まって暮らすということの豊かさや温かさが感じられる住宅として、

現代の集合住宅にもその考え方が生かされています。

 

また、社会や時代の移り変わりに対しても柔軟に対応しながら変化していきました。働く女性用の集合住宅をつくったり、事務所兼独身男性専用のアパートをつくったりと、

時代が求めているものに素早く対応してきたと言えるでしょう。このようにして、徐々に今のような近代的なマンションやアパートが出来ていき、多くの賃貸物件が生まれました。